ボイトレ日記

正しい発声で高音も低音も出るようになる!

高音に続き「低音」も出るように!!

歌の低音がにがてだった生徒さん

先日レッスンの時、いつも歌う時に低音がにがてだった生徒さんが、

「この間カラオケに行ったら、むかし出なかった『低音』が出るようになって、あれ?出る!ってなりました」と嬉しそうに話してくれました^^

高音は出るようになってたけど、その曲の低音の部分が出たことなかったそうです。

実は私もむかし同じような経験があって。

逆に高くて出なかった歌を久々に歌ったら軽く出て、むしろ低く感じるくらいになっていました。

実は正しく発声練習をすると、高音と同時に低音の音域も広がります。

そして、たいがいボイトレの成果に気づくときは、「あれ?そう言えば…」と言う感じの¨いつの間にか成長¨なのです(笑)

なので、普段から自分に興味を持つといいかも^^

 

感覚の言語化

ちなみに彼女は大学生で卒論を書いていて、「本で読んだ知識と感覚の落とし方、その感覚の伝え方」に悩んでいたそうです^^;

基本的には本の内容と自分の経験を重ねて考察するしかないかもだけど、その感覚の表現はほんと難しい(苦笑)

 

ある時レッスンで、「気管と食道の位置をまちがって覚えている人は声がこもりやすいんだって。なので正しい位置を把握して今ここに空気が入ってるんだなとイメージすると感覚的に捉えやすいかも」と言ったことがありました。

ボイトレでも「感覚」の伝え方は本当に難しく、私はその機能や構造を想像できるように理論的に説明してイメージしてもらうようにしています。

 

それが彼女の卒論の気づきになったらしく、

「自分を分析・分解して解剖することは、無意識を意識して感覚を言語化するのに役立つと思いました」と言ってました(笑)Σ(・ω・ノ)ノ!

私が最近「解剖学」の本を読んで、身体の使い方に反映させてたことにヒントを得たみたい(*`艸´)

お役に立ててよかった^^

にしても、大学生でその気づきを理解するの、すごい!天才か(笑)

 

そんな感じでお互い気づきや刺激を受けながら毎回楽しくレッスンしているのでした♪

 

ABOUT ME
宇和川 恵美
青二プロダクション所属。声優、ナレーター、パーソナルボイスメンター。 声にコンプレックスを持ちながらも自信を持って現場に立ち続けられたのは『ボイトレ』の力があったから! 声を届ける側から『声を出す喜び』を伝えていきます。 『ボイトレ』はプロだけの特別なものではありません。 アンチエイジングや健康維持にも! 身近なボイトレをお届けします。
体験レッスンとお問い合わせはお気軽に

ボイトレ体験レッスン

初心者の方も歓迎です。

ボイトレは先生との相性が大切。

どんなレッスンかまずは体験してみませんか?

体験だけでも自主練習のヒントになるかも⁉

オンライン体験レッスン30分 1000円

基本的にzoomでの30分体験レッスンです。

興味はあるけどどんなことをするのかわからないので一度やってみて考えたい。

なりたい自分になれるのか続くのかなど迷っている方も

まずは気軽に体験してみてください。

体験だけでも発声のヒントになるかも!