コラム

ポイントがわかると劇的に変わる!「鼻声」から響く声へ‼

ボイスルへようこそ!

ボイトレを身近な趣味に!を合言葉にボイトレに関係した記事を現役声優の私、宇和川恵美が実体験を交えてコラムにしています♪

声や顔の若返り 飲み込む力(嚥下)他、少しでも日常生活の参考になれば幸いです。

今回は鼻声と鼻腔共鳴について。

アイドルの発声には共通点!?

 

わたしは以前、元グラビアアイドルの体験レッスンをしたことがあります。

さすがアイドル、みなさん本当にお綺麗で可愛くてキラキラしていました。

一連のボイトレの説明をした後に実際声を出してもらった時、少し気になったことがありました。それは、、、

「みなさん、声が鼻にかかってる…!?」

その時教えた全員が同じような「鼻声」だったのです。

 

アイドルは笑顔が命!

 

鼻声は可愛い印象があって、アイドルにはとても合っていました。

ですが、ボイトレの観点からみるとちょっと気になります。

なんでみなさん同じような発声なんだろう?と思いながらレッスンをしていると、もうひとつ気づいたことがありました。

それは、発声の時の「笑顔」

職業柄、やっぱりアイドルは普段から笑顔が大切ですもんね!

そこはさすがプロ!しみついているのだと思います。

 

でも、もしかしたらこの笑顔が鼻声と関係があるのかな?とずっと気になっていました。

 

笑顔と鼻声の関係

 

解剖学の本を読んでるとき、これかも!と思ったことがあります。

「笑顔」と言うと口を横に開く人が多いと思うのですが、このとき使っている筋肉(笑筋)は首に繋がっているので 喉が力んでしまいます。

さらに口を横に開くことで上に空間が広がらなくなり、顔の中の空洞が狭くなります。

空洞が狭くなると声が響きにくくなり、こもってしまって「鼻声」になりやすくなるのです。

実はこの時大切なのは、口角を横に引っ張るのではなく「上に引き上げる」と言うこと。

上に引き上げることで顔の中の空洞が広くなるのです。

 

鼻声と鼻腔共鳴のちがい

 

発声には、呼吸→声帯→共鳴→調音の過程があります。

このうちの「共鳴」とは、声帯で作り出された小さな音を 身体の中の空洞に響かせることで

  • 声が小さい
  • 声が暗い
  • 声が軽い
  • 声がしゃがれている
  • 声がキンキンしている

などに影響しています。

「共鳴」は顔の中の空洞を使います。

(その中でも大きな空洞である「鼻腔」で共鳴することを「鼻腔共鳴」と言います。)

洞窟で手を叩くと響くように「鼻腔」で声を響かせるイメージかも。

つまり、顔の中の空洞を広げると「共鳴」しやすくなるのです!

 

ちなみに「声が小さい」時、声量をあげて大きな声を出すのではなく「声を響かせる」のがポイントです。

喉に力を入れて出す声はマイクのりが悪く、響かせる声はマイクのりがいいのです。

なので、声のプロは鼻腔を使って響かせてマイクにのせています。

「鼻腔共鳴」は発声にとってとても大切なポイントなのです!

鼻腔共鳴へのカギは「鼻声」!?

 

ちなみに「鼻腔」を使えるかどうかはセンスもあるそうですが、トレーニングすることで響く声にすることができます。

 

例えばボイスルのレッスンでは、まず鼻にかかった声を出します。

そう、アイドルのような笑顔で(笑)

ただし、口角を横に引っ張るのではなく、上に引き上げるイメージ笑顔を作ります。

口角を上に引き上げることで喉の上側(「軟口蓋」と言う部分)が上がり、顔の中の空洞が広くなって声が響きやすくなるのです。

その時の細かい注意はここでは割愛しますが、他にもいろいろな表情筋を使って顔の中の空洞を広く保ちながら「鼻声」を出し、「鼻腔共鳴」へとつなげて行きます。

 

このように、実は鼻にかかった声「鼻声」は「鼻腔共鳴」の第一歩!

意識ひとつでプロっぽい響く声に変えることが出来るのです。

 

ちなみにこれらの引き上げる筋肉を動かすことは、まさに顔のリフトアップにも繋がると思います。

表情筋のエクササイズにもなりほうれい線や上唇の周りのシワなどにアプローチするアンチエイジングなどの美容にも効果が期待できます!

 

  • 鼻声ってどう出すの?
  • 横に引っ張るってどうするの?
  • 上に引っ張るってどんな感じ?
  • ほかの表情筋って?
  • どんな注意事項があるの?

など疑問がありましたら、一度ボイスルの体験レッスンを受けてみてください。

百聞は一見にしかず!

見ながら説明を受けた方がイメージしやすいと思います。

 

まとめ

  • 口を横に開く笑顔は顔の空洞(鼻腔)が狭くなるので声がこもって「鼻声」になりやすい
  • 「鼻声」は意識すれば「鼻腔共鳴」に繋がりやすい
  • 顔の空洞を広げるためには、口角を横ではなく上に引き上げる意識する
  • 口角を上げる筋肉は顔のリフトアップにも効果が期待される

 

ABOUT ME
宇和川 恵美
青二プロダクション所属。声優、ナレーター、パーソナルボイスメンター。 声にコンプレックスを持ちながらも自信を持って現場に立ち続けられたのは『ボイトレ』の力があったから! 声を届ける側から『声を出す喜び』を伝えていきます。 『ボイトレ』はプロだけの特別なものではありません。 アンチエイジングや健康維持にも! 身近なボイトレをお届けします。
体験レッスンとお問い合わせはお気軽に

ボイトレ体験レッスン

初心者の方も歓迎です。

ボイトレは先生との相性が大切。

どんなレッスンかまずは体験してみませんか?

体験だけでも自主練習のヒントになるかも⁉

オンライン体験レッスン30分 1000円

基本的にzoomでの30分体験レッスンです。

興味はあるけどどんなことをするのかわからないので一度やってみて考えたい。

なりたい自分になれるのか続くのかなど迷っている方も

まずは気軽に体験してみてください。

体験だけでも発声のヒントになるかも!