コラム

ボイトレで若返る⁉驚くべきボイトレの効果!

ようこそボイスルへ!

ボイトレを身近な趣味に!を合言葉にボイトレに関係した記事を現役声優の宇和川恵美が経験したことを元にコラムにしています♪

声や顔の若返り 飲み込む力(嚥下)他、 少しでも日常生活の参考になれば幸いです。

今回はボイトレとアンチエイジングの関係について…。

【声優は妖怪!?】

「声優さんは妖怪が多い」とたまに周りで話題になることがあります。

実際「若い」を通り越して「妖怪」と言われるくらい、年齢の割に若く見える人が多いです。

 

「声」で表現するお仕事なので実年齢に関係なく子どもや若い役、はたまた動物など人外を演じたりするし、芸能界なので気持ち的にと言うこともあるかもですが、物理的に「しゃべる」と言う作業をしていることも影響していると思います。

 

声優仲間で集まってたまに美容の話になると「しゃべる」って美容にもいいよねとみんなでうなづいたりしていました。

 

 

発声で美容とアンチエイジング!?

私はボイトレを始めてから、久々に会った人たちに「整形した?」と言われるほど目が大きくなりました。

その話を私の通っていたボイトレの先生にお話しすると、

「うちの生徒さんは目が大きくなったり、二重になったり目が大きくなったり、二重になったり、おでこの皴が薄くなるひとが多いんですよ」と言っていました。

 

15年ほど学んでみて思ったのは、

ボイトレとは究極 発声のための筋肉をつける喉の筋トレなんだと言うこと。

そして喉の筋トレやきちんと話すことは、コミュニケーションツールとしての声はもちろん、美容にもいいし嚥下にも役立つと言うこと。

 

確かに声を出すための喉の筋肉は嚥下にも使うし鍛える過程は表情筋などにもアプローチするので、それらの関連する筋肉を鍛えることにつながります。

 

 

脳の活性にいい!?

業界には90代、80代の方も現役でバリバリお仕事をされていて、中には施設から通ってる方もいました。

個人的には声優界隈で認知症になったと言うお話はそんなに聞いたことがなく(1、2人くらい?)「文字を音読する」ことは脳の活性化にもいいんだなぁと実感しています。

現に音読が脳にいいと言う記事は昨今よく目にします。

ボイトレ講師誕生秘話!?

ボイトレは筋トレ⁉

ある時、久々に再会したお友だちとボイトレの話になりました。

彼女は長年社交ダンスをやっていて日々ダンスに使う筋肉や身体の動かし方を探求しているので、ボイトレの筋肉の話にとても興味津々でした。

 

そう言えば以前彼女に「理系だから社交ダンスとかやるイメージがないわ」と話したことがあります。彼女が言うには「ダンスをやってる人は理系で高学歴の人が多い」と。

例えば、「ターンする時どの筋肉をどう使えば効率よく回れる」とかフィジカルな理論があるようです。

 

同じく発声もここをこうすることによってここが鍛えられてとか、この声はここをこうして出すと言うような「理論」があります。

彼女はボイトレの話を聞いて度々、ダンスと似てる!と言っていました。

どの部位であれ「筋肉を鍛えること」は共通点が多いんですね。

 

そんな彼女がある時「ボイトレをやってみたいのだけど、どこかいいとこ知らない?」と聞いてきました。

私の師匠はアメリカに帰ってしまったのでとりあえず、ボイトレはどんなことをするのか、どうやって探すのがいいのかを自分の経験を踏まえて説明しました。

その後しばらくして、たまたま大阪に通うお仕事が終わって時間が出来たので一度私が体験で教えることになりました。

私は小学校の教員免許を持っていて教育実習やら塾の講師やら家庭教師など「教える」ことには割と携わって来ました。

でも声に関しては、声優の学校で臨時講師をしたり、特別授業の講師をしたことはあっても長いスパンで生徒さんに教える機会がなかったので、自分の経験を踏まえながらいろいろ研究したり調べたりして裏付けを取って簡単な指導要領を作ることにしました。

経験から考えたメソッド

ボイトレにはいろんなやり方があります。

私が学んだ方法で声や発声が変わったのは事実なので正解のひとつであることは確かなのですが、その訓練がどこにどう繋がってその部位が鍛えられるのかまでは知りませんでした。(知らなくても問題ないのですが)

でもイメージで訓練していくものだからどうしても理論が知りたくて筋肉や骨、神経のつながりなど、論文や文献を読んだりしながら調べました。

すると、

  • なぜ目が大きくなるのか
  • なぜおでこの皴が薄くなる人がいるのか
  • なぜフェイスラインがすっきりするのか
  • なぜ裏声で発声するのか
  • なぜ風邪をひきにくくなるのか

など、いろいろわかってきました。

私が理論好きだからかもですが、なんとなく言われた通りやるより声の仕組みやどこをどうやって鍛えてるかを知ってからの方が意識しやすいと思うので、それらを説明しながら教えるように心がけました。

その方法が理系の彼女にあったのか、おもしろいからしばらく続けたいと言うことになり「ボイトレサークル」的に定期的にレッスンすることになったのがボイトレ講師の始まりです。

 

ちなみに彼女はジュエルメイクを教えたり、ダンスのヘアメイクもしているので、説得力のある伝わる声を出せるようになりたい、ついでに歌、そして若さをキープできるならやらない選択肢はない!!と10年計画で頑張る意気込みだそうです(笑)

(1年後には聞き取りやすい声になった、声が大きくなったと言われるようになったそうです)

彼女のボイトレレポート↓

 

10年かかるかどうかはさておき、さすがダンサー!「筋肉は一日にしてならず」をわかってるなぁと感心しました!

 

ボイトレに思うこと

私は現役でお仕事をしていることもあってか、ボイトレは「受ける側」と言うモードでいました。実は何度か教えることを頼まれる場面もあり、実際にゲスト講師的に教えたりしましたが、自分個人で教えることまでには至りませんでした。

でもコロナと言うタイミングで、コーラスが休みになって外出自粛していた母に教えたり お友だちに教えたのをきっかけに、マスク生活で老けたとか声が出にくくなったと言う方などから、興味があります!教えてほしい!と言うご縁に繋がっていきました。

教えることは私自身にもいろんな気づきがありました。

そして何より、教えてきた方々のいい変化を目の当たりにしてすごく感動しました。

しかも私が3年かかったところまで1年で!(笑) 早い!!

 

デビューから30年近く ずっとインプットしながら自分がどうなりたいかで動いてきましたが これから少しづつ、人が求めていること、人が喜んでくれることもやっていければと思っています。

 

美容などのアンチエイジングや飲み込む力に。

声のためだけではないボイトレ。

 

現役声優、ナレーターと言うしゃべる職業からの経験と理論を、様々なお仕事や立場の方に役立ててもらえればと思います。

 

そして何より幅広い方々に、ボイトレをお稽古事や趣味のひとつとして身近に感じてもらえると嬉しいです。

 

オンライン体験レッスン30分 1000円

 

基本的にzoomでの30分体験レッスンです。

興味はあるけどどんなことをするのかわからないので一度やってみて考えたい。

なりたい自分になれるのか続くのかなど迷っている方も

まずは気軽に体験してみてください。

体験だけでも発声のヒントになるかも!

※体験レッスン後、1か月以内に本レッスンをお申込みの生徒さんは本レッスンの最初のレッスンを10分延長致します。(1回のみ有効)

ABOUT ME
宇和川 恵美
青二プロダクション所属。声優、ナレーター。 声にコンプレックスを持ちながらも自信を持って現場に立ち続けられたのは『ボイトレ』の力があったから! 声を届ける側から『声を出す喜び』を伝えていきます。 『ボイトレ』はプロだけの特別なものではありません。 アンチエイジングや健康維持にも! 身近なボイトレをお届けします。